太閤立志伝Ⅴ攻略サイト

城  海賊プレーのポイント  城

海賊に必要な能力

海賊に一番必要な能力は「統率」です。攻城戦で「土龍攻め」が使えないので、忍者で「城門爆破(風魔の里)」を習得してから、海賊になるのもいいと思います。ただし、武力が十分高い場合に限ります。

おすすめ修行順序

 1.医術Lv3(止血)
 2.算術Lv3以上
 3.茶道Lv2(侘び寂びの心)
 4.弁舌Lv4
 5.礼法Lv3(割普請)
 6.建築Lv4
 7.水軍Lv4
 8.茶道Lv4(徳の心)
 9.忍術Lv3(暗示:軒猿の里)
 10.軍学Lv4
 11.弓術Lv4
 12.鉄砲Lv4

海賊の主命には、「割普請」や「建築」の技能が有効なものが多いです。それらを取得して効率的に勲功を稼げば、短期間で頭領の座を乗っ取ることも可能です。また、海賊は攻城戦で「土龍攻め」を使うことが出来ないため、開発は必要ありません。

身分

     必要な勲功  主要な主命(勲功)
 船頭  1500〜  
 水夫頭  300〜  大型船建造(160)
 水夫     0〜  修行(80)・販路交渉(80)

頭領になるには

武士や忍者の場合は、領地が複数あって初めて城主や元締に任命され、そして独立することが可能になるのですが、海賊の場合は、砦が1つの状態でも、条件さえ満たせば頭領になれます。

 頭領になる条件:「船頭」+「水軍Lv4」+「技能の合計30以上」→海賊屋敷

勲功の稼ぎ方

頭領になるための3つの条件で、一番時間が掛かるのが「船頭」になることです。そのため、勲功の多さを最優先に主命を選ぶといいです。

具体的には、前述の「おすすめ修行順序」の6までは「修行」の主命をこなして、それ以降は「大型船建造」をこなすと良いです。これが勲功を効率よく稼ぐ方法です。

おすすめサイドビジネス

海賊は、短期間で頭領になれるので、あえて副業をする必要はありません。

配下の修行

「船大将」以上になると、配下に修行させることもできます。その際、3タイプに分けて修行させるといいです。

合戦タイプ(条件:雷爆の術・高い統率)
 1.水軍Lv4
 2.鉄砲Lv4
 3.軍学Lv4
 4.建築Lv3
 5.弓術Lv4
忍者のような強力な特技もなく、武士のように優秀な配下もいない海賊には、大型船の鉄砲射撃くらいしか、有効な攻撃方法がありません。

大型船建造タイプ(条件:高い政務)
 1.建築Lv4
お金が豊富でない時期は、主人公だけでも十分です。

破壊タイプ(条件:高い武力)
 1.忍術Lv4
攻城戦での効果的な攻撃方法がないので、事前に「破壊」をしておくと良いです。

クリア条件

・自分の仕える海賊、又は自らが頭領となって全ての海賊砦を制覇する。
・支持大名家が全国制覇する。

太閤立志伝Ⅴの攻略内容

批評(レビュー)

みんなの評価

武士プレーのポイント

忍者プレーのポイント

海賊プレーのポイント

剣豪プレーのポイント

技能レベルと獲得札

おすすめ主人公

おすすめ配下

他職業から登用できる武士

おすすめの貴重品

おすすめ武器

名所の場所と巡回ルート

入手困難な主人公札

伝授札検索

印可状を持つ人物

効率的な札の集め方

ミニゲーム攻略法

お金の稼ぎ方と節約術

城攻めの攻略法と裏技

個人戦の攻略法と裏技

コーエー関係者へ