太閤立志伝Ⅴ攻略サイト

城  忍者プレーのポイント  城

忍者に必要な能力

忍者に一番必要な能力は「武力」です。忍者は主命が選べないので、個人戦にも対応できる能力が必要です。

おすすめ修行順序

 1.医術Lv3(止血)
 2.算術Lv3以上
 3.茶道Lv2(侘び寂びの心)
 4.弁舌Lv4
 5.忍術Lv3(偽情報:山くぐりの里、分身の術:伊賀の里)
   忍術Lv4(城門爆破:戸隠の里、雷爆の術:根来の里)
 6.軍学Lv4
 7.弓術Lv4
 8.水軍Lv1(操船心得)
 9.開墾Lv4(土龍攻め)

忍者は仲間から技能師事が受けられないので、支持大名家にいい武将がいないと、なかなか習得できない技能もあります。また、忍術のLv4は、その里を支配していないと習得できません。

身分

     必要な勲功  主要な主命(勲功)
 上忍  1500〜  里増築(200)
 中忍   300〜  販路交渉(160)
 下忍     0〜  修行(40)

勲功の稼ぎ方

忍者は主命が選べないので、勲功を効率的に稼ごうと思っても、基本的に不可能です。そこで、少し面倒ですが、評定直前にセーブしておくことをおすすめします。

おすすめの主命は次の通りです。

 下忍:修行(40)・拠点調査(80)
 中忍:販路交渉(160)・里補修(160)
 上忍:里増築(200)

特におすすめなのは販路交渉です。勲功も高く、しかも数日で達成できるので、残りの期間を自由に使えます。

おすすめサイドビジネス

コンピューターが操作する頭は、なかなか合戦を仕掛けません。合戦ができなければ、元締になることもできないため、時間がたっぷり余ることも多いです。

そこで「鍛冶屋」を副業とすることをおすすめします。鍛冶屋なら、商家で売られている武器よりも良い物が作れるので、本業にも役に立ちます。武力が高い忍者なら、そのまま「天覧試合」に参加して、エンディングを迎えることも可能です。

配下の修行

「元締」以上になると、配下に修行させることもできます。修行の内容は、次の2タイプに分けると良いと思います。

合戦タイプ(条件:雷爆の術・偽情報)
 1.忍術Lv4
 2.軍学Lv4
 3.弁舌Lv4
 4.弓術Lv4
 5.水軍Lv4
忍者で強力なのは「雷爆の術」と「偽情報」なので、それらを習得していない忍者は、修行させても合戦では使えません。名字のある忍者だけが該当します。

徴兵&訓練タイプ(条件:なし)
 1.忍術Lv4
 2.弓術Lv4
里には治安がなく、お金も販路交渉より合戦で交渉した方が効率よく手に入るので、基本的に徴兵と訓練だけで十分です。

クリア条件

・自分の仕える忍者衆、又は自らが頭となって全ての里を制覇する。
・全ての忍術を習得する。
・支持大名家が全国制覇する。

太閤立志伝Ⅴの攻略内容

批評(レビュー)

みんなの評価

武士プレーのポイント

忍者プレーのポイント

海賊プレーのポイント

剣豪プレーのポイント

技能レベルと獲得札

おすすめ主人公

おすすめ配下

他職業から登用できる武士

おすすめの貴重品

おすすめ武器

名所の場所と巡回ルート

入手困難な主人公札

伝授札検索

印可状を持つ人物

効率的な札の集め方

ミニゲーム攻略法

お金の稼ぎ方と節約術

城攻めの攻略法と裏技

個人戦の攻略法と裏技

コーエー関係者へ